「見沼田んぼ福祉農園」

先日、偶然、十年ぶりの友人に再会しました。
その友だちから『農園に行かない?』と誘われ、興味もあったので、本日行ってきました。場所は、さいたま市に位置した総面積1260haの「見沼田んぼ」です。
この「見沼田んぼ」の一部(0.83ha)は 「見沼田んぼ福祉農園」と呼ばれ、平日は就農自立を目指す障害者とリタイアしたシニアボランティアが働き、また週末は若手のボランティアがやって来て、相互交流を深めながら共に汗をかく。単なる“リハビリテーションの場”ではなく “社会参加の場”であるそうです。(『環境と福祉』の統合有斐閣 2008年出版 p.145より)


d0086224_351449.gif東大の大学院で造園学・自然環境学を研究している友だちが本の作成に携わり、今回この「見沼田んぼ福祉農園」についても書いています。興味のある方は、ぜひ、ご覧になってください。









さいたま市にこんなに自然に恵まれた場所があったこと自体が驚きでした。また、そこで採れた野菜を使って、お昼をごちそうにもなり(春のほうれん草パスタ、んまかったです)、こんなに本格的に活動をしているとは知らなくて、ただただびっくりしました。今日初心者のわたしが行った仕事は、堆肥蒔きと草取りです。でも他のスタッフの方たちは、自分が育ている野菜の世話やら剪定やら、忙しく働いていました。


今日は土日だったので、若手のスタッフ(大学生や社会人)が来ていましたが、わたしはなにより、こういう若い方たちが農業に励んでいることに驚きました。もちろんそこでは、“畑を耕し、作物を収穫すること”という農園本来の仕事があるわけですが、彼らは農業を通して、そこで出会った人とコミュニケーションを深め、そしてそれらの経験が彼ら自身を成長させていく.....わたしの目には、そんな風に映りました。




d0086224_1534325.jpg
遠くに見沼代用水が見えます。土手には桜が植えられています。












d0086224_1551814.jpg













d0086224_155576.jpg
春のほうれん草パスタ













d0086224_1564167.jpgd0086224_1571853.jpgd0086224_158826.jpgd0086224_1583316.jpgd0086224_1591716.jpgd0086224_210045.jpgd0086224_2102581.jpgd0086224_2131392.jpgd0086224_2142866.jpgd0086224_215425.jpg



























































































































































右の羽のつぶれたテントウ虫に、気がついた。












普段、実家の畑仕事は手伝わないわたしが、今日よその畑で仕事をしたと両親が知ったら、おこられそうでこわいです......。
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-23 00:49 | LIFE

中国食品は安全か?

今日はひさしぶりに北京の生活について、書いてみようと思います。


まずは、よく聞かれる『中国食品は安全か?』ということですが。
わたしはまだ強い症状が出ていないので、なんとも言えないのですが、農薬をかなり使っていることは確かだと思います。実際、家の近所のスーパー(外国人向け)でも、まだ無農薬野菜と謳われている商品は見たことがありません。露店で売られている野菜よりきれいだし、長持ちするので、逆に強い農薬を使用しているのではないかなと思うときもありますが、露店の野菜はもっと安全面において不安です。不安になることが、実際ありました。キャベツを買ったときに、なんかいつもと味が違う....まだ火がちゃんと通っていないからかなぁ、くさくて苦い感じがするけど....。石油を食べたことはありませんが、たとえるなら、石油っぽい味なんです。結局食べちゃいましたけど。で、その次買うときに、スーパーで購入したら、何の問題もないふつうの“キャベツの味” だったので、やっぱり、あのキャベツ、おかしかったんだなぁ。と思いました。わたしのように、料理がビギナーのひとは自分の料理の仕方が悪かったのではないかと思うこともしばしば。しかし、やはり、変な味がしたと思ったら、次回からは食べないようにしようと思います。



でも露店は、スーパーより安いし、学校の帰り道にあるので、つい買ってしまいます。見慣れたおじちゃん・おばちゃんの前を通りかかると、買いたくなります。






あの問題の餃子事件は、2月6日頃にネットで知ったのですが、中国ではまだそんなに取り上げられていませんでした。でも、今は公安局も動いているし、中国では一応報道されていると思います。次回、北京に帰国したときに様子を再度チェックしたいと思います。


あと、中国では、農薬を落とすための薬品がお金持ちの間で使用されていると言われていますが、それは、8割方、本当だと思います。去年のブログ(2007年8月15日参照)にも書きましたが、わたしも一度、韓国人の友人に野菜の農薬の問題を尋ねたことがあります。水の中に薬品を入れて、野菜を洗うらしいです。ただ、その薬品は市販されていないので、他の、見た目似ている劇薬とまちがえないように気をつけなさいと忠告されました。逆に怖くなってしまって、購入をあきらめました。



対策としては、以下の二点です。


ひとつ、留学生同士のコミュニケーションを大事にする。
『この前、ネットで見たんだけど、青いバナナを食べた現地のひとが死んだらしいから、今はバナナは注意した方がいいよ。』という情報が入ってきて、しばらくバナナは買わないようにしました。



ふたつ、皮はむく。
野菜や果物は、皮は必ずむきます。
中国の現地のひとたちは、そのまま果物をかじりついています。
現地の友だちから『はい。』とリンゴを渡されて、水で洗っていたら『さっき、水で洗ったからだいじょうぶだよ。』と言われて。でも、もう一度洗って、中身は食べても、皮だけは残す。彼らがそんな日本人を見て、『日本人は神経質だ』と思っても、おかしくはないかもしれません。


d0086224_14174858.jpg



夏の終わりから冬まで出回るナツメ。
小さいので皮をむくと、実がなくなっちゃう。だから、そのままかじっています。
なんで、“スティックのり”といっしょに写真を撮ったのか、よく思い出せない.....
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-20 14:23 | LIFE

赤い糸は、長ければいいのか?

きのう、イギリスの恋の話をしたことにちなんで、今日も恋にまつわる話を。



最後の暗室作業を終えた帰り道。揺られる電車の中。
身につけている冬用の赤いマフラーから、糸がほつれていることに気がつきました。なんとなく手元で遊んで、指にからませているうちに、『そうそう、この赤い糸の行く先が問題なのよ.....。』と思いました。わたしの座席の目の前に立っているのは、ヤング・ジャンプを食い入るように見ているサラリーマン.....。『違うな。』と思って下を向き、今度は斜め前に立っている男のひとを見てみた。やっぱり、漫画を読んでる....。漫画を読んでいるひとが、ダメっていうことは全くないんですけど、なんでこうも日本人の男性は電車で漫画ばっかり読んでいるのか、よくわからないときがあります。


『だから、この糸の行く先が問題なんだってば....。』とまた考えているうちに、手元の赤い糸が絡まった。あせって、ほどいてみる。『やだやだ、こんなこと。』なんてことはなく、意外とするすると糸がほどけたので、うれしくなって糸をピーンと張ったら、今度はブチッと音を立てて切れた。
『あっ。』
思わず、声が出た。



縁起が悪いったら、ありゃしない。



大急ぎで、切れた糸を結んでみた、けど。
というか、この糸、短すぎるからいけないのかもしれない。だってほらこんなに短い。これは、30cmくらいしかない。
せめて、地球の裏側ブラジルに届く程度の長さがなきゃ、つかまるものも、つかまらないでしょって、自分の赤いマフラーに文句を言う。短すぎるよ、このマフラー。


『モノにあたって、どうするんだ。』
そんな声がどこからともなく聞こえるような気がしました。





中国の人は、恋愛について語るとき、しばしば“縁がある、縁がない”(有縁分 you3yuan2fen4、没有縁分 mei3you3yuan2fen4)という言葉を使います。
なんとか最後だけ、むりやり話を中国にくっつけられたぞ!!
これは “東京近郊diary” ではなく、まちがいなく “北京798diary” です。
どうぞご安心下さい。







d0086224_1514237.jpg

切れたらダメな赤い糸。
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-17 01:04 | LIFE

春風のしわざ

ロンドン在住の男が恋人にプロポーズをしようとして、風船に婚約指輪を忍ばせたそうです。彼女にピンで風船を割ってもらって、その指輪を見つけたら、決め台詞を言う予定だったそうですが、突風で風船が飛んでいってしまったそうです。風船は空高く舞い上がり、そしていつか点になり......



本日のロマンチックでマヌケなニュースは こちら



彼女はカンカンだとか。
いっそ、ふたりで指輪を探す旅に出るっていうのはどうでしょう?わたしだったら、旅費、すべて男持ちであれば、同行しますけど。それこそまさに、『ロード・オブ・ザ・リング』の旅。いろんな国で朝日と夕日を見て、おいしいものを食べて、新しい人々に出会って、もしかしたら、二人は別のステキな誰かと知り合って恋に落ちて、指輪のことなんかどうでもよくなってしまうかもしれません。それはそれで、いい話。



当の本人には笑えない話でしょうが、やっぱり他人事なのでクスクスしてしまいます。......ハックション! 日本の春風は、花粉を運びます。
英国の春風はどんなものかしら? 彼の計画はよかったんだけどなぁ...。いずれにせよ、彼は春風を甘く見ていたことは、たしか。反省スベシ。それでも、家の近所で指輪が入った風船を拾ったら、真っ先に質屋に行かずに、町の交番に届け出ましょうね、読者のみなさん。



日本は、夕方になると風が吹く。
なぜでしょう。
石原良純、いや、NHKのお天気キャスター平井さんに聞いてみよう。


庭では、梅が満開。
夕風に、はためく布団。
夕暮れと共に、しぼむ花。

日本の春です。




d0086224_1785344.jpg
d0086224_1793183.jpg
d0086224_1795630.jpg

[PR]
# by beijing798 | 2008-03-16 17:30 | LIFE

阪神ファンなら、Must Buy?

日本にいると、たまにSkype や MSN で北京にいる友だちとおしゃべりします。時差はたったの1時間だし、不都合はとくになく、しゃべり始めるとつい長くなります。今日、友だち(中央美術学院の(草)野球部のキャプテン)が「阪神タイガースの帽子がほしい。」と言うのでネットで探したら、びっくり。彼が欲しがっている帽子はありましたけど。13,860円也。高い.........。
ただの帽子、でしょ?
真ん中にちょっと刺繍がしてあるようにしか見えない....。
空も飛べる機能、太陽光発電、防弾キャップ....などの機能がついているんじゃないかと、目を疑いました。しかも、納期、60日。




(草)野球部のキャプテンが欲しがっている帽子は こちら





時給850円、バイト代2日分の重み。
なんでも、この帽子、友だちが恩師から以前プレゼントしてもらった大事なモノらしいのですが、うっかり失くしてしまったらしいんです。
って言われたらねぇ......。
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-14 23:52 | LIFE

日雇いバイト奮戦記_5




明日から、時給850円になります。







みなさんに超プライベートなお知らせです。
どこかのラーメン屋とか、商店街の広告みたいですけど↑、昇給しました。
そして、自動販売機からは、ホットココアとコーンポタージュがなくなり、代わりに“つめた〜い”ドリンクが入りました。



取り急ぎ、春の報告まで。
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-11 00:04 | LIFE

日雇いバイト奮戦記_4

まだまだいろいろ、あきらめていません。


バイトもなんとかしています。仕事の連絡が入るのは、前日の夕方もしくは夜9時とかだったりするので、収入は不安定ですが、まめに派遣会社に電話をして仕事をもらっています。すでに 9日間働いて、6万円ちょっと を稼ぎましたがすべて写真材料費、暗室作業費に消えました。まだ足りません。このままでは、留学終了後の帰国渡航費すらない....。フイルムなどの写真材料はすでに購入しているので、今後北京での制作料はなんとかやりくりできそうなんですが、留学を終えたとき、日本へ無事帰れるのだろうか....と。本当にそれくらいお金がないんです。


ただ言えるのは、「バイトするのみ。前進あるのみ」ということです。



祖母が亡くなった後、孫のわたしのために「何かあったときのために使ってほしい。」とわたしの母づてにこっそり渡されていた10万円があったのですが、手をつけたくないし(でもすでに3万円使ってしまっている.....。) 、本当になんとか、あとせめて10万円は欲しいと思っています。中国に戻ったら、毎日1個8毛(10毛=1元=16円)の饅頭(mantou2、肉まんみたいなもの)を食べてしのぐ生活が目に見えているようでそら恐ろしい。日本の滞在時間を少し延長させ、バイトするしか、ないのかなぁ。中国の銀行にはいくらか奨学金も入ってきているので、貧しいながらも生活はやりくりできそうなんですが。


冗談ではなく、本当にビンボーです。小学生より、ビンボーだと思う。
小学生はお年玉を貯めているので、意外とお金持ちなんですよねぇ。


未来は明るいのか暗いのか?
形勢はよくないですが、それでも未来は明るいと信じて、前向きにがんばり続けたいと思います。



わたし、ほんとに大丈夫?
[PR]
# by beijing798 | 2008-03-09 09:27 | LIFE

屋敷森に見る日本の家

ここ数日、冬の終わりを告げる風が嵐のようにやってきました。
家の中は砂っぽくなり、翌日大掃除で大変でした。わたしの部屋は2階にあるのですが、近くに大きいビルもないので、風をよけることはできません。

先週の強風の後始末に懲りたので、現在、わたしの部屋の窓は、四隅をすべてPカットテープで留め(すきま風を阻止)、その上からビニールシートをかぶせてフタをしました。『これでよしっ。』自分なりの最大限の応急処置です。


ふと思い出したのは、そういえば、以前我が家には風が吹いてくる方角に、たくさん大きな木が植わっていたなぁということでした。しかし、隣の畑に日光があたらないと苦情をいわれてから、それらの木は伐採され、いまでは柿の木1本しかありません。それらの木が2階に届く高さにまで茂っていたら、わたしの部屋もこーんなにダイレクトに強風の影響を受けることはないのに....と思いました。わたしの家の周辺は田舎なので、『これは屋敷森かしら....?』という家を簡単に見つけることができます。



冬は大陸からの風を防ぎ、夏は涼しい木陰の下でセミ取りなんかもできて、よかったのに.........小学生の頃に先生に教わった“防風林”や“屋敷森”の本当のよさがわかったようながしました。



d0086224_2357718.jpg
d0086224_23572670.jpg
d0086224_2358646.jpg



『となりのトトロ』に出てきそうな家。
屋敷森というより、森屋敷(あくまで森を中心に設計された家)、と言えそうですね。ハハハッ....
[PR]
# by beijing798 | 2008-02-28 23:19 | LIFE

untitled_4



Can you guess where I am ?





d0086224_04099.jpg
d0086224_0403894.jpg
d0086224_041141.jpg
d0086224_0415134.jpg
d0086224_0422081.jpg
d0086224_0434885.jpg
d0086224_0442883.jpg
d0086224_0445565.jpg
d0086224_0465392.jpg
d0086224_0452054.jpg
d0086224_0475936.jpg
d0086224_0484047.jpg
d0086224_049022.jpg
d0086224_0494433.jpg
d0086224_0501351.jpg
d0086224_0504025.jpg
d0086224_0511365.jpg
d0086224_0513214.jpg






NINGYO-CHO,
PET SHOP,PET SHOP,PET SHOP,PET SHOP,
ROPPONGI, EBISU,
Hometown...
[PR]
# by beijing798 | 2008-02-24 00:37 | LIFE

日雇いバイト奮戦記_3

初任給をもらった日、覚えてる?
何買った? やっぱ、ケーキ?




d0086224_2358261.jpg




バイト代を受け取った今日、帰り道。
わたしが買ったのはケーキではなく、サクラ餅でした。
春は、そこまで来てる予感。
1個85円と150円のサクラ餅。
ふたつの間でちょっと迷ったけど、心弾んで、高い方を買いました。夜道、自転車を飛ばして飛ばして、飛ばしすぎたから、お餅寄っちゃって.......



でもこれは、缶コーヒーより、高いのだ。
[PR]
# by beijing798 | 2008-02-20 00:08 | LIFE